page top

かき菜(ナバナ)

情報登録日 : 2012年1月25日 08:58 | 情報更新日 : 2013年12月24日

かき菜とは成長中の植物の若芽を掻き取って食用とする事から名付いた様です。アブラナ属の植物が延ばす花芽は、古くから春先の野菜として重用されてきた。 3~4月の旬にしか出回らない.栄養価は最近のホウレン草・小松菜を凌いでいます。 お問い合わせ・新規取引申し込みはこちら

生産地 群馬
規格  
参考価格 ¥150/P
最少取引単位 1P~
時期 3月~4月中旬
カテゴリー 葉菜類
キーワード       
かき菜

※記載の規格、参考価格、最少取引単位等の情報は、情報登録日または情報更新日のものです。最新の情報についてはお問合せ下さい。
業務用青果やカット野菜、大量手配など様々なご利用方法をご提案いたします「信州青果のご提案

 
丸友中部青果(長野県松本市)TEL:0263-44-3301 FAX:0263-44-2911 

← 前の青果
菜の花

次の青果 →
プチベール

求人情報
信濃ノ國屋
信州の伝統野菜
Calendar Loading
Calendar Loading

赤色の日は休場日です。
緑色の日は配送休日です。(配送以外の業務は行っております。)

Sumally 丸友中部青果
有機JAS農産物小分け業者 登録番号10310
FOOD ACTION NIPPON
フード・コミュニケーション・プロジェクト
FOODS Info Mart
丸友中部青果