page top

七草セット(*七草鉢)

情報登録日 : 2013年12月29日 16:28 | 情報更新日 : 2014年12月27日

1月7日は春の七草です。
[せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ]の7種を春の七草と称し、ごぎょうは「ハハコグサ」、はこべらは「ハコベ」、ほとけのざは「タビラコ」、すずなは「カブ」、すずしろは「大根」とされます。

七草を使うようになったのは平安時代や鎌倉時代からと言われています。
無病息災を願ったり、正月料理で疲れた胃を休める意味で1月7日の朝に、春の七草をお粥にして食べる慣わしが【七草粥】です。

せり=目の充血やめまいの予防、なずな=消化機能改善、ごぎょう=咳を止め痰を切る働き、はこべら=胃炎や胃弱改善、ほとけのざ=筋肉の痛み改善、すずな=胃腸を整え熱を下げる、すずしろ=胃腸の働きを助ける、など、それぞれに効用があるとされています。

七草鉢はお正月の観賞用、店舗のディスプレイとしても好まれています。

※平成26年12月のご注文受付は終了致しました。

七草鉢
お問い合わせ・新規取引申し込みはこちら

生産地 神奈川県・三重県ほか
 *(神奈川県)
規格 パック
 *(鉢)
参考価格 348円 / パック (2013/12/29現在)
 *(2,500円 / 鉢)
最少取引単位 パック
 *(鉢)
時期 12月、事前注文品
 *(特注品・事前注文品)
カテゴリー その他 | 旬の青果
キーワード    
七草セット

※記載の規格、参考価格、最少取引単位等の情報は、情報登録日または情報更新日のものです。最新の情報についてはお問合せ下さい。
業務用青果やカット野菜、大量手配など様々なご利用方法をご提案いたします「信州青果のご提案

 
丸友中部青果(長野県松本市)TEL:0263-44-3301 FAX:0263-44-2911 

求人情報
信濃ノ國屋
信州の伝統野菜
Calendar Loading
Calendar Loading

赤色の日は休場日です。
緑色の日は配送休日です。(配送以外の業務は行っております。)

Sumally 丸友中部青果
有機JAS農産物小分け業者 登録番号10310
FOOD ACTION NIPPON
フード・コミュニケーション・プロジェクト
FOODS Info Mart
丸友中部青果