page top

青果の動向

福島第一原発の事故より、福島県産の多品目に及ぶ野菜は摂取制限および出荷制限、茨城県・栃木県・群馬県産ではホーレン草、かきな等が出荷制限となっておりましたが、さらに千葉県の千葉・香取市と多古町のホーレン草、旭市のホーレン草、青梗菜、春菊、サンチュ、セロリ、パセリについても出荷制限となっております。

市場では出荷制限を受けた野菜の流通は禁止され入荷はされておりません。

弊社としましては、暫定基準値を下回り、安全が保障されている商品についても当該産地をできるだけ扱わないように努めて参りました(風評被害)。

しかし、そんな状況を打破しようと4県産の野菜を買い支え、生産者を応援しようとする動きが出始めています。

量販店では積極的に4県産の商品の販売をするなど、当該産地商品の売り込みをしております。(当該産地商品とはいえ規制値を下回っている安全な野菜に限定されます。)

また、外食や通販業界でも、独自調査により安全性を確保し、産地を守ろうと乗り出しています。

弊社としましては、直ぐに同様な対処は考えておりませんが、お得意様の意向も考慮しながら、今後はこのような対処も視野に入れていきたいと考えております。

また、政府では暫定規制値を超える放射性物質が検出された農産物の出荷制限や解除については、これまでの都道府県単位だけでなく市町村などの地域単位での出荷制限にした上で、出荷制限の商品については1週間ごとに放射線量を検査し、3回連続で規制値を下回れば出荷制限の解除を認めることになりました。

規制値は変わりませんが、よりきめ細かい(出荷制限の)指定や解除をしっかり行うことで、指定を受けてない農作物は安全だと消費者に感じてもらい、風評被害をなくそうとしています。

消費者側も徐々ではありますが、政府の働きかけや、周りで当該産地商品を売り込むことで、当該産地商品の懸念離れが浸透されつつあるようです。

風評被害の野菜について現状の状況をご理解頂ければと思います。


丸友中部青果
求人情報
信濃ノ國屋
信州の伝統野菜
Calendar Loading
Calendar Loading

赤色の日は休場日です。
緑色の日は配送休日です。(配送以外の業務は行っております。)

Sumally 丸友中部青果
有機JAS農産物小分け業者 登録番号10310
FOOD ACTION NIPPON
フード・コミュニケーション・プロジェクト
FOODS Info Mart
丸友中部青果