page top

11月2週目青果/果実情報

    - 野菜 -
  • 多少値上げ商品もありますが、今週と同じぐらいの価格で推移しそうです。
    全体に入荷量は増えておりますが、それでも例年より少なく高値傾向となっております。
  • 引き続き「松本一本ねぎ」をご利用ください。
    寒暖差の大きい地域で育った野菜には抗酸化作用(活性酸素を消す作用)が多く含んでいるのですが、ようやく県内も冷え込みが厳しくなり栄養が増してきています。「松本一本ねぎ」はその代表野菜でありまして凍結防止に糖度を高める性質ももっております。
    ご注文をお待ちしております。
  • その他抗酸化力の多い青果物です。
    ・黄華等(白ぶどう)・サンふじ・胡瓜・長いも・葉物野菜、等。
    前述のように、より厳しい環境(寒暖差の大きい)で育った長野県産の青果物の方が、より栄養価が高いのです。
  • 『漬け大根、野沢菜、赤カブ』の出荷が始まりました。ご希望の際はお問い合わせください。

  • - 果実 -
  • 国内産「いちご」の入荷が始まりました。各サイズ取扱いを開始しますので、ご要望あればお問い合わせ下さい。
  • 「みかん」は早生品種に切り替わります。併せて『三ケ日みかん』の入荷も開始となります。
  • 「たねなし柿」は終盤戦です。奈良県産が終了に向かい『富有柿』は入荷量安定してきました。
  • 「グレープフルーツ」はオーストラリア産『赤』の切り上がりが早く、『赤』については当面入荷が不安定になります。 11月中旬頃には安定してくる予定ですが、それまでは入荷が最悪途切れる場合がございます。
    『白』については、南アフリカ産が引き続きありますので、そちらでご対応いただく場面が出てくるかもしれません。


  • 丸友中部青果
求人情報
信濃ノ國屋
信州の伝統野菜
Calendar Loading
Calendar Loading

赤色の日は休場日です。
緑色の日は配送休日です。(配送以外の業務は行っております。)

Sumally 丸友中部青果
有機JAS農産物小分け業者 登録番号10310
FOOD ACTION NIPPON
フード・コミュニケーション・プロジェクト
FOODS Info Mart
丸友中部青果