とちおとめ

とちおとめは「女峰」の後継品種として、1996年に栃木県の農業試験場で生まれました。
女峰の特性である形の良さや色の鮮やかさを受け継ぎながら、粒は大きくて甘く、果汁もたっぷりです。
新鮮ないちごは生で食べるのがいちばんです。
口の中に甘酸っぱい果汁と豊潤な香りが広がり、いちごの美味しさを満喫できます。
ヘタをつけたままザルに入れてザッと洗ってください。ヘタを取ったまま水につけると栄養素のビタミンCが水に溶け出し、味も水っぽくなってしまいます。
いちごは、ヘタ側よりも先端のほうが甘味が強いので【ヘタ側 → 先端】の順で食べると甘さが強調されてより美味しくいただけます。

生産地 栃木県、茨城県
規格 パック、箱
参考価格 時価(2014/1/5現在)
最少取引単位 パック
時期 11月~6月

 

※記載の規格、参考価格、最少取引単位等の情報は、情報登録時点のものです。最新の情報についてはお問合せ下さい。
業務用青果やカット野菜、大量手配など様々なご利用方法をご提案いたします >>信州青果のご提案
この商品についてのお問い合わせ

新規お取引のご希望は、以下のフォームをご利用いただくか、お取引応募用紙にてお申込み下さい。

ご希望内容 (必須)
会社名
ご担当者名 (必須)
郵便番号
ご住所 (必須)
都道府県

電話番号 (必須)
E-Mail (必須)
仕入れ・販売ご希望・お問い合わせ内容 (必須)

※仕入をご希望の場合、当初のお取引には商品代と別に所定の宅配送料等の料金がかかり、お振込または代金引換での先払いとなります。ご了承ください。(料金表はこちらから

関連記事

  1. ゴジラのたまご

  2. 洗いらっきょう

  3. フルーツ紅玉

  4. ル・レクチェ

  5. はるか

  6. さくら白桃