スチューベン

ニューヨークの農業試験場が「ウェイン」+「シュリンダン」を交配し育成されたもので、日本には1952年(昭和27年)に導入されました。
寒冷地での栽培に適していて暖かい地方での栽培には向かないので、ニューヨークと同じくらいの緯度にあたる青森県をはじめとする東北地方を中心に栽培されています。
非常に糖度が高く貯蔵性に優れているので、年末から冬にかけても美味しく食べられるブドウです。
中粒で濃い紫色。皮と種は出して食べる昔ながらの甘いブドウです。

生産地 青森県
規格 房、箱
参考価格 180円 / 2L・房(2014/1/30現在)
最少取引単位
時期 11月~2月

 

※記載の規格、参考価格、最少取引単位等の情報は、情報登録時点のものです。最新の情報についてはお問合せ下さい。
業務用青果やカット野菜、大量手配など様々なご利用方法をご提案いたします >>信州青果のご提案
この商品についてのお問い合わせ

新規お取引のご希望は、以下のフォームをご利用いただくか、お取引応募用紙にてお申込み下さい。

ご希望内容 (必須)
会社名
ご担当者名 (必須)
郵便番号
ご住所 (必須)
都道府県

電話番号 (必須)
E-Mail (必須)
仕入れ・販売ご希望・お問い合わせ内容 (必須)

※仕入をご希望の場合、当初のお取引には商品代と別に所定の宅配送料等の料金がかかり、お振込または代金引換での先払いとなります。ご了承ください。(料金表はこちらから

関連記事

  1. 巨峰

  2. いちじく

  3. 土佐文旦

  4. たけのこ(孟宗竹)

  5. 川中島白桃

  6. みさか白鳳(桃)