うるい

うるいは観賞用にも用いられる「ギボウシ」の若い葉で、葉が開く前のものが食されます。
北海道から九州まで自生していますが、旬の時期は5月~7月になります。
こちらのうるいは栽培されたものです。
もみがらの中で生育させて芽が吹気出てきたら、日を当て葉を緑色にして出荷致します。
そうすることによって、ねぎに似たぬめりとほろ苦さのあるうるいとなります。
汁物や炒め物・和え物などいろんな料理にお使いいただけます。

生産地 新潟県、など
規格 パック
参考価格 280円 / パック(2014/2/10現在)
最少取引単位 パック
時期 12月~3月

※記載の規格、参考価格、最少取引単位等の情報は、情報登録時点のものです。最新の情報についてはお問合せ下さい。
業務用青果やカット野菜、大量手配など様々なご利用方法をご提案いたします >>信州青果のご提案
この商品についてのお問い合わせ

新規お取引のご希望は、以下のフォームをご利用いただくか、お取引応募用紙にてお申込み下さい。

ご希望内容 (必須)
会社名
ご担当者名 (必須)
郵便番号
ご住所 (必須)
都道府県

電話番号 (必須)
E-Mail (必須)
仕入れ・販売ご希望・お問い合わせ内容 (必須)

※仕入をご希望の場合、当初のお取引には商品代と別に所定の宅配送料等の料金がかかり、お振込または代金引換での先払いとなります。ご了承ください。(料金表はこちらから

関連記事

  1. はなよめ(桃)

  2. ミネオラオレンジ

  3. キウイベリー(Kiwi Berry)

  4. ピュアホワイト

  5. 下原すいか(相澤さん)

  6. 九条ねぎ