日向夏(ひゅうがなつ)

日向夏は、宮崎県で1820年に偶発実生として自生しているのが発見されました。
別名を「ニューサマーオレンジ」、「小夏」と言います。
果皮は鮮やかな黄色。果汁が多く程よい甘酸っぱさが特徴です。
厚い皮の下の白い薄皮(アルベド)は甘みもあり、そのまま食べられますので残したままカットします。
この白い部分はふかふかとした食感で、苦みや渋みはありません。一緒に食べると風味が良いです。

生産地 佐賀県
規格
参考価格 260円 / 玉 (2014/3/22現在)
最少取引単位
時期 3月~4月

 

※記載の規格、参考価格、最少取引単位等の情報は、情報登録時点のものです。最新の情報についてはお問合せ下さい。
業務用青果やカット野菜、大量手配など様々なご利用方法をご提案いたします >>信州青果のご提案
この商品についてのお問い合わせ

新規お取引のご希望は、以下のフォームをご利用いただくか、お取引応募用紙にてお申込み下さい。

ご希望内容 (必須)
会社名
ご担当者名 (必須)
郵便番号
ご住所 (必須)
都道府県

電話番号 (必須)
E-Mail (必須)
仕入れ・販売ご希望・お問い合わせ内容 (必須)

※仕入をご希望の場合、当初のお取引には商品代と別に所定の宅配送料等の料金がかかり、お振込または代金引換での先払いとなります。ご了承ください。(料金表はこちらから

関連記事

  1. 土佐文旦

  2. あんぽ干柿(おけさ柿)

  3. わさび大根

  4. 野沢菜

  5. ハウス柿(刀根早生)

  6. ソルダム