七草セット(*七草鉢)

1月7日は春の七草です。
[せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ]の7種を春の七草と称し、ごぎょうは「ハハコグサ」、はこべらは「ハコベ」、ほとけのざは「タビラコ」、すずなは「カブ」、すずしろは「大根」とされます。
七草を使うようになったのは平安時代や鎌倉時代からと言われています。
無病息災を願ったり、正月料理で疲れた胃を休める意味で1月7日の朝に、春の七草をお粥にして食べる慣わしが【七草粥】です。
せり=目の充血やめまいの予防、なずな=消化機能改善、ごぎょう=咳を止め痰を切る働き、はこべら=胃炎や胃弱改善、ほとけのざ=筋肉の痛み改善、すずな=胃腸を整え熱を下げる、すずしろ=胃腸の働きを助ける、など、それぞれに効用があるとされています。
七草鉢はお正月の観賞用、店舗のディスプレイとしても好まれています。

生産地 神奈川県・三重県ほか *(神奈川県)
規格 パック *(鉢)
参考価格 348円 / パック (2013/12/29現在) *(2,500円 / 鉢)
最少取引単位 パック *(鉢)
時期 12月、事前注文品  *(特注品・事前注文品)

※記載の規格、参考価格、最少取引単位等の情報は、情報登録時点のものです。最新の情報についてはお問合せ下さい。
業務用青果やカット野菜、大量手配など様々なご利用方法をご提案いたします >>信州青果のご提案
この商品についてのお問い合わせ

新規お取引のご希望は、以下のフォームをご利用いただくか、お取引応募用紙にてお申込み下さい。
(個人の方もお気軽にお問い合わせ下さい)

ご希望内容 (必須)
会社名
法人の場合
ご担当者名 (必須)
郵便番号
ご住所 (必須)
都道府県

電話番号 (必須)
E-Mail (必須)
仕入れ・販売ご希望・お問い合わせ内容 (必須)

※ 仕入をご希望の場合、当初のお取引には商品代と別に所定の宅配送料等の料金がかかり、お振込または代金引換での先払いとなります。ご了承ください。(料金表はこちらから
※ またその際お客様都合での返品・返金等は、生鮮品であるためお断りしております。(例:思っていたものと違う。他で手に入った等)

関連記事

  1. 幸水(伊万里梨)

  2. あんぽ干柿(おけさ柿)

  3. メイヤーレモン(マイヤーレモン)

  4. のびる

  5. 青ゆず

  6. アメリカンチェリー