山うど(緑化うど)

日本各地の山野に自生する多年草で、その新芽を食します。
本来は自生の野生種を[山うど]、光を当てずに栽培(軟化栽培)したものを[うど(軟白うど)]と呼びます。
しかし市場では、軟化栽培したものに、出荷前に日光を当てて緑色になったものを[山うど(緑化うど)]と呼び、野生種とは別のものになります。
軟白うどに比べて、香りや風味が強く、苦みやアクも多くなります。
自然の味を好む方におすすめです。
最盛期は3月です。

生産地 群馬県
規格
参考価格 259円 / 本(2014/1/25現在)
最少取引単位
時期 1月~4月初旬

※記載の規格、参考価格、最少取引単位等の情報は、情報登録時点のものです。最新の情報についてはお問合せ下さい。
業務用青果やカット野菜、大量手配など様々なご利用方法をご提案いたします >>信州青果のご提案
この商品についてのお問い合わせ

新規お取引のご希望は、以下のフォームをご利用いただくか、お取引応募用紙にてお申込み下さい。

ご希望内容 (必須)
会社名
ご担当者名 (必須)
郵便番号
ご住所 (必須)
都道府県

電話番号 (必須)
E-Mail (必須)
仕入れ・販売ご希望・お問い合わせ内容 (必須)

※仕入をご希望の場合、当初のお取引には商品代と別に所定の宅配送料等の料金がかかり、お振込または代金引換での先払いとなります。ご了承ください。(料金表はこちらから

関連記事

  1. プレコース(洋梨)

  2. ルバーブ

  3. みさか白鳳(桃)

  4. マンゴー(国産)

  5. 山ごぼう

  6. 雪中キャベツ