野沢菜【有機JAS栽培】

信州を代表する食材で、高菜、広島菜とともに日本三大漬け菜の一つ。
江戸時代に野沢温泉村にある健命寺の住職が、京都に遊学した際に持ち帰った蕪の種が変異したものと言われてもいるが、定かではありません。
葉と茎を漬物にする「野沢菜漬け」が最も有名で、長野県内、周辺では一般的な漬物になっています。
有機JAS栽培の野沢菜は無農薬、無化学肥料で作られたもので、完熟堆肥などを土中の微生物の餌として施用して育てたものです。自然の循環を利用して健康に育てることで、虫や病気の心配がなくなりました。
(4日前発注をお願いします)

生産地 長野県長野市中条
規格 500g、4kg
参考価格 160円 / 500g、700円 / 4kg
(2014/11/5現在)
最少取引単位 500g
時期 11月初旬~12月末

 

※記載の規格、参考価格、最少取引単位等の情報は、情報登録時点のものです。最新の情報についてはお問合せ下さい。
業務用青果やカット野菜、大量手配など様々なご利用方法をご提案いたします >>信州青果のご提案
この商品についてのお問い合わせ

新規お取引のご希望は、以下のフォームをご利用いただくか、お取引応募用紙にてお申込み下さい。

ご希望内容 (必須)
会社名
ご担当者名 (必須)
郵便番号
ご住所 (必須)
都道府県

電話番号 (必須)
E-Mail (必須)
仕入れ・販売ご希望・お問い合わせ内容 (必須)

※仕入をご希望の場合、当初のお取引には商品代と別に所定の宅配送料等の料金がかかり、お振込または代金引換での先払いとなります。ご了承ください。(料金表はこちらから

関連記事

  1. シャドークイーン

  2. 下栗芋【信州の伝統野菜】

  3. 巨峰

  4. 旬太郎トマト

  5. 貴陽(プラム)

  6. 新じゃがいも