聖護院大根(長野県産)

カブのように丸い形をしたダイコンで、大きめの林檎ぐらいの大きさです。
代表的な京野菜のひとつで、京都の冬には欠かせない野菜です。
このダイコンは、初めから丸い形ではなく、普通の細長いダイコンでした。
京都市東部の左京区聖護院地区で生まれ、江戸時代後期の文政年間、聖護院の東の「黒谷」という所に光戒光明寺というお寺があり、ここに尾張の国からダイコンが奉納されました。
聖護院の農家がそのダイコンを貰いうけ、何年も大切に育てていると、どういうわけか丸くなってしまいました。これが聖護院大根です。
煮るとよく味がしみ込んで、とろけるように柔らかい仕上がりになります。
おでんやふろふき大根などに向いています。
(※2017年からは取扱がありません)

生産地 長野県下伊那郡豊丘村
規格
参考価格 300円 / 本 (2014/11/01現在)
最少取引単位
時期 10月下旬~11月中旬


** 左・聖護院大根 * 右・聖護院かぶ **

※記載の規格、参考価格、最少取引単位等の情報は、情報登録時点のものです。最新の情報についてはお問合せ下さい。
業務用青果やカット野菜、大量手配など様々なご利用方法をご提案いたします >>信州青果のご提案
この商品についてのお問い合わせ

新規お取引のご希望は、以下のフォームをご利用いただくか、お取引応募用紙にてお申込み下さい。

ご希望内容 (必須)
会社名
ご担当者名 (必須)
郵便番号
ご住所 (必須)
都道府県

電話番号 (必須)
E-Mail (必須)
仕入れ・販売ご希望・お問い合わせ内容 (必須)

※仕入をご希望の場合、当初のお取引には商品代と別に所定の宅配送料等の料金がかかり、お振込または代金引換での先払いとなります。ご了承ください。(料金表はこちらから

関連記事

  1. 長なす(長野県産)

  2. 人参【有機JAS栽培】

  3. ちぢみほうれん草(長野県産)

  4. メイヤーレモン(マイヤーレモン)

  5. ワッサー

  6. モロヘイヤ