紅まどんな(媛まどんな)

「南香(なんこう)」と「天草(あまくさ)」の交配により育成され、早熟で高品質なタンゴールタイプ
2005年に品種登録された愛媛県のオリジナル品種です。
ダンゴールとは・・みかんとオレンジを交配した柑橘類の総称です。
強い甘味とゼリーのような食感は、多種にはない特徴です。じょうのう(内皮)も薄く、種がないので食べやすいです。
表皮が薄く剥きにくいので、オレンジのようにくし型切りにしてお召し上がりいただくのがオススメです。
美味しさに加え新しい品種で生産量が少ないことから、価格も高く高級フルーツと言えます。

生産地 愛媛県
規格
参考価格 5,000円 / 箱(2013/12/20現在)
最少取引単位
時期 12月中旬~1月

 

※記載の規格、参考価格、最少取引単位等の情報は、情報登録時点のものです。最新の情報についてはお問合せ下さい。
業務用青果やカット野菜、大量手配など様々なご利用方法をご提案いたします >>信州青果のご提案
この商品についてのお問い合わせ

新規お取引のご希望は、以下のフォームをご利用いただくか、お取引応募用紙にてお申込み下さい。

ご希望内容 (必須)
会社名
ご担当者名 (必須)
郵便番号
ご住所 (必須)
都道府県

電話番号 (必須)
E-Mail (必須)
仕入れ・販売ご希望・お問い合わせ内容 (必須)

※仕入をご希望の場合、当初のお取引には商品代と別に所定の宅配送料等の料金がかかり、お振込または代金引換での先払いとなります。ご了承ください。(料金表はこちらから

関連記事

  1. 黄玉(おうぎょく)

  2. ゆず(柚子)

  3. ハウス柿(刀根早生)

  4. ボゴールパイン(スナックパイン)

  5. あかつき(桃)

  6. ベニバラード