下原すいか(大月さん)

有機肥料と堆肥を使い糖度の高いすいかを栽培。
上高地の玄関口で日本アルプスの麗に位置する波田町では、地元で人気の高い「下原すいか」があります。その中でも”大月さんちのすいか”は、化学肥料にたよらず、春先には有機肥料、秋には堆肥と一年を通して健全な土作りをしています。この作業を行うことで、土に含まれる窒素を減らし、糖度が高く、実の引き締まったすいかが収穫できます。又、すいかの甘さをつくる葉は、収穫するまで傷めないように注意を払います。 包丁を入れると勢いよく割れ、淡い紅色の果肉で、シャキシャキとした心地よい歯応えとさわやかな甘みが特徴です。 食べごろになる直前まで大切に育てたました。
「下原すいか」通信販売はこちら【信濃ノ國屋】

生産地 長野県波田町
規格 L~3L
参考価格 ¥2,250/玉(AL) (2012/7/25現在)
最少取引単位 1玉~
時期 7月下旬~
※記載の規格、参考価格、最少取引単位等の情報は、情報登録時点のものです。最新の情報についてはお問合せ下さい。
業務用青果やカット野菜、大量手配など様々なご利用方法をご提案いたします >>信州青果のご提案
この商品についてのお問い合わせ

新規お取引のご希望は、以下のフォームをご利用いただくか、お取引応募用紙にてお申込み下さい。

ご希望内容 (必須)
会社名
ご担当者名 (必須)
郵便番号
ご住所 (必須)
都道府県

電話番号 (必須)
E-Mail (必須)
仕入れ・販売ご希望・お問い合わせ内容 (必須)

※ 仕入をご希望の場合、当初のお取引には商品代と別に所定の宅配送料等の料金がかかり、お振込または代金引換での先払いとなります。ご了承ください。(料金表はこちらから
※ またその際お客様都合での返品・返金等は、生鮮品であるためお断りしております。(例:思っていたものと違う。他で手に入った等)

関連記事

  1. 清見

  2. おおもり椎茸

  3. サニーレタス

  4. 土佐文旦

  5. ゴールデンリペンス(マンゴー)

  6. 名月