市田柿

「市田柿」というのは現在の下伊那郡高森町の市田地域で栽培されていたことから名前のついた渋柿の品種名です。
その栽培の歴史は500年以上といわれ、これを干し柿にしたものも「市田柿」と呼びます。
干し柿は一口大で食べやすく、鮮やかなあめ色の果肉をきめ細かな白い粉が覆い、もっちりとした食感と上品な甘味があるのが特徴。
自然の甘さをもつドライフルーツであると同時に、高級和菓子にも位置づけられています。
JAみなみ信州と下伊那園協が共同出願した『市田柿』は、2006年10月、県下初の地域ブランドに認定されました。
全国で知名度が高まりつつあり、今や海外、台湾にも輸出されて注目を集めています。
 

生産地 長野県
規格 袋、箱
参考価格 880円 / 170g袋・5~6入、
5,500円 / 700g箱  (2015/12/10現在)
最少取引単位
時期 12月~1月

※記載の規格、参考価格、最少取引単位等の情報は、情報登録時点のものです。最新の情報についてはお問合せ下さい。
業務用青果やカット野菜、大量手配など様々なご利用方法をご提案いたします >>信州青果のご提案
この商品についてのお問い合わせ

新規お取引のご希望は、以下のフォームをご利用いただくか、お取引応募用紙にてお申込み下さい。

ご希望内容 (必須)
会社名
ご担当者名 (必須)
郵便番号
ご住所 (必須)
都道府県

電話番号 (必須)
E-Mail (必須)
仕入れ・販売ご希望・お問い合わせ内容 (必須)

※ 仕入をご希望の場合、当初のお取引には商品代と別に所定の宅配送料等の料金がかかり、お振込または代金引換での先払いとなります。ご了承ください。(料金表はこちらから
※ またその際お客様都合での返品・返金等は、生鮮品であるためお断りしております。(例:思っていたものと違う。他で手に入った等)

関連記事

  1. 黄貴妃(おうきひ)

  2. シャインマスカット

  3. ルビーオクヤマ

  4. 紅ほっぺ

  5. レッドオーレ

  6. 里芋(長野県産)