page top

市田柿

情報登録日 : 2015年12月10日 14:17 | 情報更新日 : 2016年9月 1日

「市田柿」というのは現在の下伊那郡高森町の市田地域で栽培されていたことから名前のついた渋柿の品種名です。
その栽培の歴史は500年以上といわれ、これを干し柿にしたものも「市田柿」と呼びます。

干し柿は一口大で食べやすく、鮮やかなあめ色の果肉をきめ細かな白い粉が覆い、もっちりとした食感と上品な甘味があるのが特徴。
自然の甘さをもつドライフルーツであると同時に、高級和菓子にも位置づけられています。

JAみなみ信州と下伊那園協が共同出願した『市田柿』は、2006年10月、県下初の地域ブランドに認定されました。
全国で知名度が高まりつつあり、今や海外、台湾にも輸出されて注目を集めています。

市田柿
お問い合わせ・新規取引申し込みはこちら

生産地 長野県
規格 袋、箱
参考価格 880円 / 170g袋・5~6入、
5,500円 / 700g箱  (2015/12/10現在)
最少取引単位
時期 12月~1月
カテゴリー 加工品 | 長野県産品
キーワード       
市田柿

※記載の規格、参考価格、最少取引単位等の情報は、情報登録日または情報更新日のものです。最新の情報についてはお問合せ下さい。
業務用青果やカット野菜、大量手配など様々なご利用方法をご提案いたします「信州青果のご提案

 
丸友中部青果(長野県松本市)TEL:0263-44-3301 FAX:0263-44-2911 

← 前の青果
津之輝(つのかがやき)

次の青果 →
橙(だいだい)

求人情報
信濃ノ國屋
信州の伝統野菜
Calendar Loading
Calendar Loading

赤色の日は休場日です。
緑色の日は配送休日です。(配送以外の業務は行っております。)

Sumally 丸友中部青果
有機JAS農産物小分け業者 登録番号10310
FOOD ACTION NIPPON
フード・コミュニケーション・プロジェクト
FOODS Info Mart
丸友中部青果